トップ > 業務内容 > 指導事業

指導事業

営農指導事業

 指導事業は、組合員の営農を指導し、その改善を図っていく重要な事業です。JAの営農指導は、単に技術指導を行うだけでなく、組合員の農業経営全般について指導し、地域営農集団の育成など、協同して合理的な農業経営を確立するよう働きかけていくものです。すなわち、生産から流通までの仕組みをJAの総合的な力で指導援助することによって、個々の農家では難しい所得の増大を集団の力で実現していこうというものです。
 また、安全・安心な農畜産物を消費者に提供し、「食」に対する信頼性を確保するため、JAグループを挙げて「農産物生産履歴記帳運動」などに取り組んでおり、食品のトレーサビリティ確立に向けて努めてまいります。
 さらに、JAなす南では各営農経済センターに、専門知識を有する営農経済指導員を配置し、指導力の強化・向上に取組んでおります。
そして、JAなす南では、次世代の日本の農業を作って行く担い手作りにも鋭意取組んでまいります。

園芸作物生産基準

生活指導事業

 生活指導は、組合員の生活全般について指導し、組合員や地域社会の生活改善を図っていくものです。その範囲は、消費、健康、文化・娯楽など幅広い活動をしています。
 現在JAでは、健康管理活動や相談活動、有害食品を排除するための商品研究会のほか、家計簿記帳や料理教室、農産物の自給運動、生鮮食料品などの共同購入など、さらに、運動会等のレクリェーション部門の活動をしています。

▲このページの先頭へ